なぜ私は穏健派ではないのか

“自由主義者がまず聞かなければならないのは、どれくらい速く、どれくらい遠くに動くべきかではなく、どこに動くべきかということです。”

— F.A.ハイエク、”なぜ私は保守的ではないのですか”

“私は白の中moderateに重大に失望しています。 私はほとんど自由に向かって彼のストライドで黒人の偉大なつまずきは、白人市民の評議員やクー*クラックス*クラナーではなく、正義よりも”秩序”に専念して; 誰が正義の存在である肯定的な平和に緊張の欠如である負の平和を好む;誰が常に言う:”私はあなたが求める目標にあなたに同意するが、私は直接行動のあなたの方法に同意することはできません”;誰が父性的に彼は別の男の自由のためのタイムテーブルを設定することができます信じている;誰が時間の神話的な概念によって住んでいて、誰が常に黒人に”より便利な季節を待つように助言する。”

— マーティン-ルーサー-キング-ジュニア,”バーミンガム刑務所からの手紙”

最近、私のニスカネンの友人や同僚は、複雑な政治的風景の中で、彼らの—私は”私たちの”と言うべきだと思う—知的な立場に多 これは間違いなく部分的にブランディングの問題ですが、それはまた、現在の危機のイデオロギー的な源を診断し、それを超えて移動するための心の生産的な習慣について考えるための深刻な試みです。 この企業は、センターの寿命の面で古いルーツを持っています—ウィル*ウィルキンソンは、節度と過激主義に関する二部構成のエッセイでオープン社会プロジ ハイライトは次のとおりです:

Jerry Taylor、「イデオロギーの代替」

Brink Lindsey、Steven Teles、Sam Hammond、およびWill Wilkinson、「センターは保持することができます: 極端な時代のための公共政策”

Brink Lindsey、”共和党のための共和主義”

Aurelian Craiutu、”節度の急進主義””

ブリンク-リンゼイ、”ニスカネン-センターのダブル-ムーヴ”

そして月曜日に、私たちは”左と右を超えて:危機と過激主義の時代に節度を復活させる”というテーマの下で会う予定です。”(私は、それがあったように、負のために話すことになります。

橋渡しと連立政権の形成

この取り組みのポイントの一部は、トランプ政権に対する野党のための連立政権の構築であった。 ニスカネンは、トランプ大統領の脅威を真剣に受け止めている保守派やリバタリアンの焦点として貴重な役割を果たしており、政権初期から民間の”関係者の会議”を開催し、ミューラー調査を保護するための公的支援を組織し、トランプ後の保守主義と中道右派政党をどのように形成するかについての公的議論をリードしている。 (N.B.:私はそれらのいずれかに自分自身を関与していない、と私は公に関係者の会議について報告されているものを超えて知識を持っていません。)これはすべて非常に重要な仕事であり、それは大きなテントのアプローチを必要としています。 それはLawfareのBenjamin Wittesが求めている”すべての民主的勢力の連合”アプローチによく合い、steven LevitskyとDaniel Ziblattは、立憲民主主義と法の支配の支持者が危機の瞬間に一緒に保持できるかどうかに民主主義がどのように死ぬかを強調して、システムを損なう独裁政治に向かって方向を変えている片側または他の側の明らかなイデオロギー的同盟国に立っている。 これは、腐敗、無能、野心的な権威主義、人種差別、そして現在の政権が表すリベラル、憲法、民主主義の規範に対する攻撃の驚くべき組み合わせに抵抗しようとしている人々の間でイデオロギー的な分裂を過度に強調する瞬間ではありません。 私たちは、現在の政権の反対者の間で団結と信頼を維持するためのいくつかの能力と、将来的に浄化された可能性のある共和党の派閥の間でそうす (短期的には共和党が惨敗し、数年間権力をシャットダウンすることが重要だと思うが、中期的には立憲民主主義は競合する政党の存在に依存しており、責任ある権力交代が可能な共和党が必要である。)あらゆる意味で不道徳な大統領に直面して、”節度”は集会のポイントとして明らかな魅力を持っています。 “節度”がその一時的で緊急な目的に役立つことができる程度に、そんなに節度のためのよりよいの。

この節度への訴えは、さらに、自由主義、立憲主義、民主主義にコミットした人々を共産主義とファシズムの極端なものに対する重要な一種の中心と見た重要で名誉ある20世紀の伝統に戻っている。 アーサー-シュレジンジャー-ジュニアは重要な中心を賞賛し、憲法-民主主義の手続きの中にとどまることを約束したイデオロギー的にライバルの政党は中右と中左と考えられるようになり、W-B-イェイツの”再臨”の多くの、多くの呼び出しは厳粛に発音された。 私は、市場自由主義とリバタリアニズムは、その伝統の一部であり、法の支配の下での自由市場と立憲民主主義の秩序、ベンジャミン-コンスタントが出現し、確立するために戦った政治と経済の独特の形態の価値を高く評価していると主張してきた。 病的ではあるが時には人気のある”すべてを燃やす”反制度主義に対するリバタリアニズムの種を再確認することが重要です。 だから私は、現在の危機の中で穏健なセンターが擁護されているのを見るだけでなく、特に市場自由主義の伝統と継続的な方法でそうされているのを見ることができてうれしいです。 それは助けるが、モンテスキュー、政治的節度卓越性の理論家のための私の深い愛情にアピールすることはできません。

だが

は連合の性質上、そのメンバーが連合に対して以外の利益や忠誠を持っている。 派閥間の政治的連立は、それらの派閥を解散しません; それは、いくつかの理由で、いくつかの期間のために、彼らが共通して持っているものを優先するためにそれらを必要とします。 それは時々徐々に派閥を再形成することができ、共有された目的のより永続的な感覚につながります。 しかし、緊急事態のための透明な連合—議会の民主主義で戦時中に時々権力を取る国家統一の政府を考える—はかなり明示的にそうではありません。 それは、様々な連合のメンバーが彼らが誰であるか残ることを期待しています。 現在の文脈では、#NeverTrump neoconservativesは2021年にはほとんどがまだneoconservativesになり、#Resist democratic socialistsはほとんどがまだ民主的な社会主義者になります。 確かに、民主党の大統領指名競争の初期段階は、その党内のすべての伝統的な派閥分裂が生きていることを明らかにしています。

だから、もし”穏健派”が現在の危機で何人かの人々が共有するもののための有用な連合名であれば、それは完全な知的または政治的記述にはなりません。 それは政治的形容詞であり、我々はそれがそのまま生き残るために変更する名詞を期待する必要があります:中程度の新保守派と中程度の社会保守派と中程度の進歩主義者などがあるでしょう。

だから、同僚のエッセイをたくさん読んでも、”適度なリバタリアン”と言うのが嫌で、代わりに名詞を形容詞に置き換えたいという熱意は理解できません。

センターの新しい政策ビジョンとそれに関連する会議がJonathan ChaitとDavid Brooksから賞賛を集めているとき、それは素晴らしいことです。 ブルックスは特に著名な決してトランプ保守的ではなく、チャイトはトランプ政権とそのスキャンダルの貴重な年代記とアナリストであり、多くの可動部分を念頭に置いて重要な仕事をしている。 それは2019年に保つのに良い会社です!

しかし、それも—私はこれを言うことを彼らのどちらにも無礼だとは思わない—少し奇妙な。 結局のところ、Chaitは、Brink Lindseyのブッシュ時代の”liberaltarianism”のための原始的なniskaneniteプッシュを含む、長年にわたってリバタリアンのアイデアや組織の特に軽蔑的な評論家で”そしてブルックスは、”国家の偉大さ保守主義”の先駆者であり、テディ-ルーズベルトに触発された新保守主義の枝であり、民間の商業的繁栄と個人の自由を持つリベラル社会の”虚無主義的平凡さ”を軽蔑し、代わりに国家が私たちの単なる私生活を克服するために私たちを集めることができる大きな栄光のプロジェクトを求めていた。

政治は奇妙なベッドフェローズを作り、危機はさらにそうです。 あなたの友人が誰であるかについてのTom Lehrerの冗談にいるという時折の気持ちは、支払うべき小さな価格です。 一日の終わりには、しかし、チャイトはまだ中道リベラルであり、ブルックスはまだ保守的な彼自身の、特異な種類です。 彼らがトランプに反対してお互いに共通していることは、彼らのイデオロギー的な独自性を解消するものではなく、ニスカネニ人が彼らと共通して 「中程度」は、私たちが共通していることを考える良い方法かもしれませんが、それは誰の完全な知的記述でもありません。 Niskanen大統領Jerry Taylorに関しては、それは彼が今イデオロギーと呼んでいる一般的な原則のシステムの代わりではありません。

私が(だけでなく)穏健派である理由

“穏健派”が知的で道徳的な美徳の名前である場合—誤謬と知識の限界を認め、単意的なユートピアの青写真を避け、証拠への応答性、意見の不一致の正当性を認識する—それは政策目標や変化の方向性について自分自身の感覚を持つことに代わるものではない。 それは単に彼らがどのように追求されるべきかを条件とするだけです。

「穏健派」が、「重要な中心」のように、立憲主義、法の支配、およびライバル政党間の公正な民主的競争の包括的な構造への愛着のための名前である場合、それは支持する政党を選ぶ代わりになるものではない。

そして、「中程度」が実質的な立場の名前であるならば、それは全く何もないか、少なくとも安定したものではなく、極端とみなす人のシフト感を参照して定義されたものだけである危険性があります。 それは、ハイエクが「なぜ私は保守的ではないのか」で批判した保守主義と共通しており、他の人が設定した方向からその手がかりを取り、「より遅く、より慎重に」と言っているだけです。”しかし、それはおそらくそれよりも実質的ではありません。 これは、一定の両側主義と永続的な再配置によって駆動され、いずれかから常に等距離になるようにすることができます。

今、テイラーと私の古い大学院の友人(そしてNiskanenシニアフェロー仲間)Aurelian Craiutuは同意しません。 (質問に関するアウレリアンの二つの本を参照してください、その最初のものはBenjamin Constant以外の貴重な章を含んでいます。)トピックに関する彼らの文章は自信を持って否定的な定義で満たされています:節度は単に無節操な妥協ではなく、方向性がなく、舵がなく、気分やスタイ それはその旗の下に行った最も大きい政治家および思想家によって例証されるものがである。

それはそのすべてを意味する可能性があります。 しかし、それはまた、常に嫌悪感を持って党派政治のサイドテイクを見る悪質な傾向を意味する可能性があります(ナンシー-ローゼンブルムを参照)、それにオーケショットが”企業協会”と呼んだものの目的特性の統一を与えたいという欲求。”米国では、これはしばしば、ビジネスマンや億万長者が、党派を過ぎて、彼らが彼らの会社を支配したような論争的で多様な政治を支配して喜んでいる そして、それは単なるどろどろの中心主義と違い分裂を意味する可能性があります。 以前に除外されたグループが自分の道を戦っているとき、それは常にそうであるように、政治が騒々しくなるとき、それは単純な貴族の不安を意味する可 それはテクノクラート、アダム-スミスの”システムの男”の傲慢を意味する可能性があり、単なるイデオロギーの上に上昇することによって、彼は官僚的な計画 それは時々一緒にそれらの事のすべてを意味します。

しかし、モンテスキューの美徳は必要であり、私は彼らとの”節度”の関連が、それらの傾向との”節度”の関連よりもアメリカの政治的談話において強いとは思 そして、政治的な言葉がその最高の傾向だけを意味し、その最悪ではないような定義を規定しているのであれば…まあ、”リバタリアン”や”古典的なリベラル”のようなイデオロギー的な概念でもそれを行うことができます。”それらの周りに構築されている悪い団体がたくさんあり、彼らは自由への最大の脅威、本当に重要な唯一の脅威は、誰かが他の人が人種差別主義者や性差別主義者だと思う何かを言って批判や汚名を着せられたときであると思う白人男性のアイデンティティ政治運動によって充当されているように、より多くのが毎日構築されています。そして、本当の自由は人種的劣等感について”ただ質問する”自由です。 しかし、私は、Howard SchultzとMike Bloombergに「中程度」を割譲するよりも、知的なダークウェブに「古典的自由主義者」を割譲する理由がもうないとは思わない。

私の観点からは、純粋な節度の姿勢を採用することが、リバタリアニズムについて蓄積された荷物を振り払うことになるとは特に確信していません。 現代のリバタリアンの談話における私の最も好きな傾向の二つは、第一に、反射的で独善的な両面主義とwhataboutism、彼らの反対者の一人についての上記のすべての苦情を持つ任意の政治的な俳優の任意の批判を希釈するための過剰さ、そして、第二に、あまりにも頻繁に自分のために”政治的誤り”のために微笑む愛情にveers、いわゆるアイデンティティ政治の軽蔑です。 たぶん私は他のリバタリアンと話してそれらを拒否することに成功しないでしょう。 しかし、もしそれらの苦情が私を駆り立ててはならない場所が1つあれば、それは穏健派や中道派として自己識別するあらゆるキャンプにあります。 後者のグループが上記のすべての両面主義に耽溺したいとき、それがしばしばすることは、アイデンティティ政治についてのパニックや別のものと一緒に遊ぶことです:以前に除外されたグループが騒々しい不慣れなケースを作っています。 少なくともリバタリアンは、原則的なリソースを持っています—しかし、しばしば彼らは使用されていません—”これらの声は、彼らが抑圧されてきた方法に”穏健派は、王が見たように、そうではないかもしれません。

なぜ私は(まだ)リバタリアン

私は、間違いなく、やや異質なリバタリアンであり、部分的に私はモンテスキューの節度へのコミットメントを共有している 私は私のheterodoxyの合理的に簡潔な声明を与えることができます。 私はリバタリアンの約束を真剣に取ることは、人種的不公平のより徹底的な批判を伴い、通常よりも民主主義のより近い抱擁を奨励すると考えているリバタリアンです。 私は、私のNiskanenの同僚が何度もよく守っている理由のために、リベラルな市場と開放的な貿易は、様々な種類の社会保険を伴うべきであると思います。 そして、私は壊滅的な気候変動を防ぐことは、リバタリアンのアイデアの緩い解釈でさえ正当化されるよりも、より根本的な行動を求めていると思 聴衆の政治理論家のために、私は方法論的な問題として、自然の思考、社会的契約主義、アナキズムは行き止まりであり、スミティア-ハイエキアンの現実主義的政治理論に取って代わられるべきであると付け加えることができます。 しかし、実際の政治の面では、私はベースラインとして”リバタリアン”を使用して、約百の言葉で私がどこにいるかを記述することができ、政治的によく知

私が”適度”という概念から始めれば…まあ、私は次にどこに行くべきかを知り始めないでしょう。 私は”社会的に自由主義的で経済的に保守的”に向かうことができましたこれはリバタリアニズムを一種の中道主義のように聞こえるようにしようとする伝統的な方法ですが、それはリバタリアのスタートラインへのより長い道のりです。 そして、それは最近かなり不安定な”リベラル”と”保守的”の感覚に依存しています。 私はジョー*リーバーマン、またはマイク*ブルームバーグ、またはビル*クリントン、またはスーザン*コリンズ、またはハワード*シュルツに相対的に自分自身を配置することができます…しかし、私は同時にそれらのすべてに相対的に自分自身を配置する方法を知らないだろうし、印象を残して”私は一種の彼らのようなものだ”私は前の段落で歩いた説明と比較して、任意の真の有用な情報を追加しません。

そして「社会的に自由主義的で経済的に保守的」というのは、それがとてもどろどろに聞こえるからこそ、私が今でもリバタリアニズムにおいて明らかに正しいと考えていることを多く伝えることができない。 ウィル-ウィルキンソンのように、私はユートピアの青写真を部分的に私たちの限られた知識に基づいて拒否します。 しかし、それは方向に移動することと完全に互換性があり、悪の明確な感覚を持つことで、軽減または終了することを目指しています。 私たちは、私がリバタリアニズムの政治プロジェクトの中核であると考えている、深くコミットされた反独裁者であるために、リバトピアの憲法は必

アメリカの刑務所と警察システムと麻薬戦争を根本的に解き放つために、あるいははるかに開かれた国境に向かって移動し、移民執行のケージング力を制限したり、より自由な貿易を再開し、破壊的な経済ナショナリズムに押し戻すために、ユートピアの青写真は必要ありません。 ニスカネンの”捕獲された経済”プロジェクトと知的にそれを形作るTelesとLindseyの本は、積極的にkludgeocracyとそれが可能にする大規模な退行的な賃貸料を解くために動 これらの目標に向かって動いている間、私たちは新しい証拠に開放され、手段について実用的であり、意見の相違を尊重し、価値観について多元的で はい。. しかし、それはリバタリアンの方向性ですが、適度に慎重に私たちはそうします。

ここNiskanenとBleeding Heart Libertariansでは、私はlibertariansとorganized libertarianismをかなり頻繁に批判してきましたが、私はプロの背教者に来る報酬を探していたことを示唆する批判に遭遇しました。 しかし、私の批判はその精神では決してありません; 基本的なことについて正しい人は、私が彼らの本当の意味と応用として見るものについて説得力があるべきであるという信念で常に提供されて 私たちが政治的な言葉を最高のバージョンの理解を意味すると定義しているのであれば、それは私が”リバタリアン”でやろうとしていることです。”

同様に、私はBrink Lindseyとは異なり、共和党員(small-r)ではありません。 はい、アメリカの創設者は、その共和党の伝統と彼らがかなり理解していなかったリベラルな世界の間のカスプに不安にバランスをとっていました。 アメリカの実験の成功は、主に、商業、多様性、恒久的な、共和主義が警告した政党を争う世界に適応する不注意な柔軟性と能力にありました。 共和主義と自由主義の間には、権力の分離と法の支配への注意、私的利益のための公職の乱用の起訴など、いくつかの貴重な連続的な要素があります。 共和主義のそれらの要素にアピールすることができれば(資本-r)共和党員に、demagogueryではなく立憲主義にコミットしている政党を再建するための結集点を提”しかし、共和主義の伝統との連続性は、確かにそれが出てくるものと改革派のリバタリアニズムの連続性よりも大きいように私には思えません。

節度と現在の瞬間

月曜日の私たちのテーマは、節度がこの政治的な瞬間、極端で超党派の時に特に適しているかどうかです。 私が上で議論した統合的な言葉としての「節度」のすべての有用性について、私は答えがノーだと思います。 はい、それは自由憲法民主主義、意見の相違と多元主義の価値を再確認するための時間です。 はい、トランプ大統領につながったパターンを打破し、より良い中道右派が何であるかの新しいビジョンを提供するために、古いイデオロギー的な裂け目を改造しようとするのは良い時期です。 しかし、それは私たちの参照フレームをドラッグする権利の権威主義ポピュリストの過激主義を可能にするための時間ではありません。 それはそう第一期、下院のバックベンチのメンバーが何とか米国の大統領の等しいと反対であることに膨張していることを両側に等しい脅威を見つ それに注意を呼び出すことは、中西部の白人労働者階級が不安になりますので、公共の人種差別の重要性を埋めしようとする”白人穏健派”のための時間ではありません。 そして、党派を軽蔑する時ではありません。 弱い、deinstitutionalized当事者は、(ところで、英国だけでなく、米国で)現在の危機の一つの源です。 そして、プロの捜査官や検察官が今後数週間で行う仕事は良いが、彼らの調査結果は選出された政治家によって取り上げられなければならない。 それの上に立つことは、選択のための時間に対する正しい応答ではありません。

これは、民主党でもあり、彼の方法では穏健派でもあった偉大な古典的自由主義者であるベンジャミン-コンスタントによる”古代人の自由と現代人の自由”の200周年に触発された緩いシリーズの最終作である。 第1部はこちら、第2部はこちらです。

ジェイコブ-T. レヴィは政治理論のトムリンソン教授であり、マギル大学のYan P.Lin Centre For The Study of Freedom and Global Orders in Ancient and Modern Worldsのディレクターであり、合理主義、多元主義、自由、そして最近では”Contra Politanism”と”Political Libertarianism”を含む学術論文の著者であり、Niskanen Centerシニアフェローであり、諮問委員会メンバーである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。