ウコンのミルクは、美容ブロガーや有名人によって共同選択されている-と現象は飲み物と一緒に育った人々に不可解です。

ウコンのエリキシルのための私のお気に入りのレシピは簡単です:私は代わりに何か他のものを飲みます。 私の母の最も信頼できる調理スパイスから疑惑の魔法の力を持つ消耗品まで、過去12ヶ月間にウコンの上昇を目撃しているインド系アメリカ人として、混乱の短いものではありませんでした。

まるで週に一度のように感じています,lissome白人女性は、ライフスタイルの出版物のページに連れて行って、ウコンを宣言しました,手押アーモンドミルクと有機 これらの飲み物のそれぞれに”月のミルク”または”金mylk”のような柔らかく、贅沢な名前があり、頻繁に屈強な値札と来る。 ニューヨークのザ-グッド-ソートでは、大きな”ゴールド-ラテ”が8ドル、ロサンゼルスのカフェ-サンクスでは”ゴールデン-ハーブトニック”が7ドルで販売されている。

月の神秘主義についての線で飲み物をパッケージ化するこの努力にもかかわらず、ウコンミルクについて魔法だった唯一のことは、子供の頃、私が病気 私はgnarly寒さやウイルスを下に直面していたときに飲料が今まで私に提示された、と私はそれを飲むことに特に興奮したことはありませんでした。 これは新しい啓示ではありません。 南アジアの作家は、何ヶ月も叫んだり、猛烈に入力したりしています。 Haldi doodh-直接翻訳:ウコンミルク-は、常にたわごとのように感じて、よく、に関連付けられています。

“飲むだけで気分が良くなる、ベータ、私は約束する、”私のお母さんはいつも嘆願するだろう。 今でも、私が病気になっているように感じると私の両親にテキストを送るたびに、彼らはすぐにhaldi doodhのカップをお勧めします。 私にとっては、飲み物は常に私が絶望から一気飲み淡黄色の咳止めシロップでした—私はいつもDimeatappの10ミリリットルのショットの病弱な甘いブドウの味を好むにもかかわらず、代わりに。

これは、ウコンが人々が主張する健康上の利点を持っていないと言うことではありません—その抗炎症性や抗菌性などのこれらの健康上の利点は、南ア しかし、癒しの力で満たされたこの神秘的な飲料として、西洋のスパイスの神話化は当惑しています。 確かに、これらの”エリキシル”は、ashwagandha、コラーゲンペプチド、ジンジャー、ココナッツオイルのような”スーパーフード”成分のピンチと小さなスプーンを含む傾向があり、彼らはあなたにワークアウトの後にあなたの筋肉を癒すためにあなたに素晴らしい肌を与えることからすべてを行うと主張していますが、私にとっては、これは本質的に誰かがハーブといくつかのアーモンドミルクを混ぜてRobitussinを目撃するのと同じであり、”太陽の愛撫”と呼び、カップのために$15を請求します。 あなたが望むすべてをそれをドレスアップしますが、それはまだ薬です。

私はウコンミルクが世界のGoopファンがそれがあると主張する魔法の、不安を軽減する、万能エリキシルであるとは思わないが、私はあなたが天候の下で感じているなら、カップの魅力を理解している。 私のお父さん、私のお父さんのお父さん、そして私のお父さんのお父さんのお父さんが、すべてのhaldi doodhのカップを飲んだ理由があります:それは慰めです。 しかし、多分何かを支持してドアにjazzedアップ”月のミルク”を残して、より多くの世代のために働いてきたレシピを下に皮をむいた。 それは3つの原料だけを要求し、結果はシステムに滑らかで、複雑でない動揺である。 ミルクのコップ、ウコンの半分のティースプーン、および端を取るために塩のピンチを一緒に混合しなさい。 それはあなたに晴れやかな肌とファッションの大御所のライフスタイルを与えないかもしれませんが、それはその咳を和らげます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。