ミシガン州の無人機の法律2020(最新の状態に滞在!)

ミシガン州の無人機の法律私は正直なところ、ミシガン州についてそれほど多くのことを知りません。 私はデトロイトがミシガン州の都市であり、それがRobocopの出身地であることを知っています。 それはすでに私の本の中で百万ポイントのように、それを与えます。

どうやらそれはコロンの村に位置する世界最大の魔法供給メーカーの家でもあります。

また、美しい水ベースの自然の膨大な量があります。 ミシガン州には11000以上の湖があり、これはおそらく地理的に言えば最も有名な属性です。 だから私は、なぜ多くの写真ドローンの所有者がいくつかの素晴らしい映像をつかむ機会にジャンプするのかを完全に理解することができます。

充電してから充電する前に、ミシガン州での無人機の使用を規制する法律を認識していることに注意する必要があります。

この記事では、私はあなたの飛行時間にダンパーを置くことができる現在および今後の法律を見ていきます。

免責事項:私たちは弁護士ではありません! これは、単に地域からの読者が彼らの義務を認識することができるように、ミシガン州での無人機の使用に関するいくつかの法的事実を一緒に引 ドローンを飛行する前に、連邦および州の法律を知っていることを確認するのはあなたの責任です!

連邦法を忘れないでください

米国では連邦法が最初に来ます! FAAは、あなたの無人機でできることとできないことについての詳細な規制を発表しました。 彼らはまた、彼らのサイトに詳述されているように無人偵察機の登録を必要とします。 FAAの無人機セクションを訪問し、条件に最初に従うことを確かめなさい。 あなたは無人機のライセンスが必要な場合は、こちらも参照してください。 その後、あなたは州レベルの法律を遵守することを確認することを見ることができます。

両方が全体として取られる必要があります。

地元の無人機法の禁止

他の多くの州とは異なり、ミシガン州無人航空機システム法は、自治体が独自の無人機法を作ることを先制的に停止 この法律は州全体で有効であることを意味しています。

この法律は基本的に、Faaの規則に準拠していることを考えると、ミシガン州でドローンを合法的に操作できると述べています。

ミシガン州はまた、プライバシー侵害に関連する既存の法律を拡張し、無人機を使用することによる永続化を含むようにしました。

これとは別に、ドローンを使って狩りをしたり、ドローンを使って狩りをしている他の人を混乱させることもできません。 これには、精神安定剤銃も装備されている無人偵察機が含まれています。 私は今まで考えていなかったものでした。

警察、消防、衛生兵、その他同様の専門家の職務を妨害するような無人機も使用できません。

あなたが登録された性犯罪者なら、あなたはまた、ドローンの写真や操作の任意の並べ替えのあなたの希望をスクラップすることができます。

ミシガン州Uasタスクフォース

ミシガン州Uas法は、UASタスクフォースの創設と維持を強いる。 このタスクフォースのメンバーは、より多くのドローン政策を開発し、ミシガン州でのUASの使用に関する新しい法律を提案する仕事を持っています。 これは興味深い情報の次のビットに私たちをもたらします。

米国であらゆるビジネス目的(お金を稼ぐため)のためにドローンを操作するためには、ライセンスが必要になります。

これはリモートパイロット証明書と呼ばれます。

リモートパイロット準備コース

Drone Launch Academyによる準備コースは包括的でかなり価格が高いです。

彼らはあなたが失敗した場合、彼らはあなたのお金だけでなく、1 150のテスト料金を返すだろうと確信しています。

有効になるかもしれない無人機の法律

ミシガン州は州レベルの法律に関しては現時点ではほとんど手を離れていますが、本にはこれらのすべてが合格するわけではなく、少なくともすぐに合格しない法律がたくさんありますが、あなたはそれらを認識する必要があります。

刑務所、インフラ、観光地

それはまだ提案された法律ではありませんが、公共の安全に危険をもたらす可能性があるか、通常の日常活動の邪魔にな

だから、これには刑務所の上空飛行、観光客が行く場所の近く、または橋のような重要な交通交差点が含まれる可能性があります。 連邦法は、特に空域を制限することに関連するルールを作るから状態を防ぐので、何かが、これから来ているかどうかを確認します。

法執行機関

ミシガン州の議員は、法執行機関がドローン技術をどのように使用できるかを説明する法律を検討しています。 たとえば、彼らは警察が交通法を施行する方法として無人偵察機を使用することを望んでいません。 彼らはまた、faa規制を執行するために地元の法執行機関に権限を与えたいと考えています。

ドローン法違反に対する罰則

ミシガン州は包括的なドローン法に向けて準備を進めているようであるため、議員は州のドローン法を破るための罰則を確立したいと考えている。 今、それは彼らが大きな家の中でyear1000または同じくらいの年の最大ペナルティを求めているように思えます。 イェーイェー

ミシガン州は深刻になる

現在のミシガン州の法律はほとんどすべての無人機の問題について連邦当局にほとんど延期しているが、非常に多くの利害関係者が乗っている専用の無人機タスクフォースの設立は、政府の干渉にアレルギーがある人のために病気の前兆である。

あなたが新しいドローンの法律や政策を考え出すことである身体を作るとすぐに、彼らがある時点で停止することを決定することを想像するのは

だから私はミシガン州の無人機オペレーターがUASタスクフォースに関連するニュースを購読することをお勧めします。 それはあなたに無人機のオペレータと所有者のための角を曲がったところに来ているものについての良い頭を与えるでしょう。

ミシガン州がFaa規則を施行するためにミシガン州の法執行機関に権限を与えたいという事実は、もう一つの赤い旗です。

基本的には、FAAの書類、ステッカー、認定がすべて整っていることを確認する必要があります。 彼らがこの執行のための許可を得れば警官は公の場で無人機を作動させていることを見つければそれらを作り出すように頼むことができる。

“五大湖州”がドローン現象全体を楽しげに取っているようで、それはカジュアルなドローンのパイロットが周りを飛んでいくつかのショットをスナップする単純な行為のために多くのフープを飛び越えていくことを意味します。

それでも、法律は法律です。 Robocopの第三の指令を覚えておいてください:法律を守る。 のは、ちょうどミシガン州はまた、考慮に最初の二つを取り願ってみましょう!

  • 著者
  • 最近の投稿
Kees Frieslandによる最新の投稿(すべてを見る)
  • Hawaii Drone Laws2020(合法的に飛行する方法)-2018年5月4日
  • オハイオ州Drone Laws-2018年4月19日
  • DJI Mavic Air vs Mavic Pro vs Spark:A Fistful of Mavics-3月15, 2018

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。