ライム病の長期障害(LTD)を取得する

保険会社と拒否された長期障害(LTD)の請求を訴えることは、課税と複雑なプロセスであることが証明できます。 私たちは、ライム病などの状態から回復するときに提供される安定性とリソースの長期的な障害給付が必要であることを理解しています. 保険会社は、自分の財政的利益によって動機づけられています。 あなたが勝利の魅力を準備しない限り、彼らは容易にあなたが値する利益をあなたに提供しません。 Chisholm Chisholm&Kilpatrick LTDの弁護士の熟練したチームは、お客様のERISAと非ERISA LTDの控訴を獲得した長年の経験を持っています。

私達は否定された長期不能の要求を懇願している間私達の顧客が出会う圧力を楽にするのを助けます。 私たちはあなたを支援することができるかもしれません。 相談は常に無料です。 私達のオフィスにで連絡して下さい:401-331-6300。

ライム病の理解:

ライム病は、多系統の炎症性疾患として現れる細菌感染症です。 ライム病は、主にその初期、ローカライズされた段階で皮膚に影響を与えますが、病気が進行するにつれて関節、神経系、および他の臓器系に広がることが

研究者は、米国では年間約329,000件の症例が発生していると推定しています。 条件はこれらの区域に制限される米国内のすべての確認されたライム病のケースの95%が北東および中西部米国で最も流行しています。

原因:

ライム病はBorrelia burgdorferiとして知られている細菌によって引き起こされる感染症です。 人間の伝染は、感染したblacklegged tickからの咬傷によって引き起こされ、それ以外の場合はdeer tickとして知られています。 この状態をヒトに伝達するためには、感染したダニを36-48時間付着させなければならない。<6992><6828>症状:<1753><8498>ライム病を未治療のまま放置すると、病気が進行するにつれて症状が悪化することがあります。 発生する可能性のある症状とその重症度は、ケースバイケースで異なります。 CDCは、ライム病の進行と症状を、限局性急性症状、早期播種性症状、および後期症状に分類しています。

限局性急性症状:

  • インフルエンザ様症状:発熱、悪寒、疲労、筋肉や関節の痛み、頭痛、リンパ節の腫れ。
  • 遊走性紅斑(EM)発疹:
    • は標的、すなわち「雄牛の目」の形をした発疹として現れ、身体のどこにでも現れることがあります。
    • ライム病に感染した人の約70%から80%は、遊走性紅斑(EM)発疹を発症する。
    • 噛まれてから3日から30日の間にダニの咬傷部位に発疹が形成され始める。
    • EM発疹は時間の経過とともに徐々に拡大し、時には12インチに達することもあります。
    • これらの発疹は触っても暖かく感じることができますが、通常はかゆみや痛みを伴うことはありません

初期の播種症状:

数ヶ月または数年放置すると、ライム病は血液を介して身体の他の部分に広がり、より深刻な方法で現れる可能性があります:

  • ベル麻痺に似た顔の麻痺:顔の片側の筋肉が弱くなったり麻痺したりする一時的な顔の麻痺の一形態。 これは、顔の片側の垂れ下がったり、剛性によって観察することができます。
  • 重度の頭痛および首のこわばり
  • 複数の移住性紅斑(EM)発疹が身体の他の部分に広がる
  • リンパ腺の拡大
  • 100°以上の高熱
  • 重度の疲労およ3455>後期症状:
    • 関節炎は、典型的には膝または他の大きな関節に現れ、重度の関節痛および腫脹を伴う。
    • 記憶喪失、混乱、集中できない、見当識障害などの神経障害。
    • 四肢のしびれ

    ライム病はどのように診断されますか?

    ライム病を適切に診断するために、医師はまず患者の病歴を調べ、彼らが経験している徴候と症状を観察し、病気を運ぶダニへの暴露の可能性を考 暴露リスクは、個人が噛まれたことを覚えているかどうか、患者が頻繁に外にいる場合、および彼らが住んでいる感染率に基づいて決定されます。 EM発疹は、ライム病の診断を確認する唯一の客観的な物理的な兆候です。

    ライム病と診断されたすべての人がEM発疹を経験するわけではないため、血液中の抗体の存在を検出するために血清学的(血清)検査が必要です。 これらの抗体は、ライムを引き起こす細菌、Borrelia burgdorferiの存在に応答して産生される。 これらの結果は、患者がライム病を患っているかどうかを判断するのに役立ち、体内の疾患の進行を特定することができます。

    CDCは、患者がライム病を患っているかどうかを判断するために、医師が二層血清学的検査アプローチを使用することを推奨しています:

    • Enzyme-linked immunosorbent assay(ELISA)
      • ELISAテストが陰性になった場合、患者はライム病を患っていないとみなされます。
      • CDCは、ELISAスクリーニング陽性の人のみにウェスタンブロット検査を受けることを推奨している。
    • ウェスタンブロット(immunoblot)テスト
      • ライム病のためにテストするとき、immunoblotテストが抗体の2つのクラスを検出するのに使用されています:IgMおよびIgG。
        • 陽性のIgM immunoblotを用いて感染の最初の四週間以内に疾患を同定するが、偽陽性の結果を与えることが知られている。
        • IgGイムノブロット試験は、検出可能なレベルの抗体を産生するのに時間がかかるため、四から六週間以上病気になっている患者に使用されます。

    これらのテストの両方はなされるべき適切な診断のための肯定的な結果をもたらさなければなりません。 ライム病は、患者がEM発疹の兆候を示していないときに検出するためにいくつかの時間がかかることがあります; これは、病気を診断するために使用される血液検査は、特に早期に実施された場合、しばしば疑わしい結果をもたらす可能性があるためです。

    血液検査の結果は、体が抗体を産生することによってライムを引き起こす細菌の存在に反応する時間がなかったため、感染の最初の30日以内に行 テストは両方とも病気の初期の間に低感受性があるために示されていました;実際、ELISAのテストはライム病のケースの35%-50%を逃すためにありました。 さらに、ELISA試験は、時折偽陽性をもたらすことが知られている。 これらのテストは最初の伝染の後の少なくとも一ヶ月行なわれたときより正確であると考慮されます。

    ライム病はどのように治療されますか?

    ライム病は抗生物質で治療されます。 多くの場合、抗生物質治療はかなり迅速かつ完全な回復をもたらす。 ライム病を治療するために使用される最も一般的な薬は次のとおりです:

    • Doxycycline
    • Cefuroxime axetil
    • Amoxicillin

    上にリストされている抗生物質に不寛容なそれらのための選択が、のようなあります:アジスロマイシン、clarithromycin、またはエリスロマイシン。 これらの処置により通常より低い効力があり、徴候が改良していることを保障するために患者は密接に監視されるべきです。

    EM発疹などの早期限局性症状を有する患者は、通常、10日間の抗生物質療法で治療される。 中間段階のライム病の患者は通常抗生物質の14日の線量と扱われます。 重度の免疫不全患者の治療期間ははるかに長く、通常は合計6週間以上です。

    ライム病の人の日常生活への影響は何ですか?

    ライム病には以下の可能性があります:インフルエンザ様症状で非常に気分が悪くなり、広範囲の筋肉痛を引き起こし、認知機能を損ない、さらには ライム病と診断された人々の約半分は、関節炎のフォームを取得します。 ライム病に苦しんでいる人が極度の疲労を経験することも非常に一般的であり、その結果、重度の頭痛、記憶障害、および集中障害が生じる。 この状態の影響は、治療が完了した後も、治療の過程を通して作業を続けることを困難にする可能性があり、時には長くなります。

    ライム病の長期残存症状に苦しむ人々は、治療後ライム病症候群(PTLD)として知られている状態を発症する可能性があります。 ライム病の経験長引く症状と診断された約1 10人に付き。 PTLDとのそれらは最も一般に処置の後で月、または多くの間持続できる筋肉痛み、睡眠の中断、疲労、neurocognitive機能障害および頭痛のような残りの徴候を経験します。 PTLDは抗生物質の処置の拡張によって改善することができません。 時間は、PTLDの症状を軽減することが現在知られている唯一の要因です。 うつ病や不安は、長期間にわたる持続的な症状に対処するときにも発生する可能性があります。

    ライム病の残留症状によって様々な機能ドメインが損なわれる可能性があり、労働力に残ろうとする人には大きな困難をもたらす可能性があります。

    CCKは、ライム病の障害の主張を理解しています

    長期的な衰弱症状は、ライム病に罹患している人々の中にしばしば現れ、身体的および認知的に人々に影響を与える可能性があります。 ライムの症状は簡単に無視されていない、と大幅に作業を継続する人の能力に影響を与えることができます。

    あなたの保険会社は、ライムに関連する症状が長期的であり、治療後でさえも非常に面倒であることを理解していないかもしれません。 ライム病の回復時間は、人から人に大きく異なることができます。 PTLDに苦しんでいれば、私達はあなたの残りの徴候が働くことを妨げ、より長い回復時間を保証することを証明するのを助けます。

    CCKはどのようにあなたのLTDアピールを助けることができますか?

    Chisholm Chisholm&Kilpatrick LTDの知識豊富な弁護士は、長年の累積的な経験をあなたの魅力に統合します。 保険会社に彼らの処分で多くの資源があり、戦いなしであなたにあなたの不能の利点を利用できるようにしない。

    保険会社のエラーを見つける

    あなたの保険会社によって行われたエラーを検出するために、私たちはあなたのLTDの請求に関連するすべての文書を集 これらの文書は下記のものを含んでいる:あなたの否定の手紙、あなたの方針文書、保険会社の要求ファイル、および他のどの計画支配文書も。 私たちは、ERISA法、米国の私たちの広大な知識を入れていきます 保険会社が行った可能性のあるエラーを特定するために、あなたのために働くために労働省、および保険契約。

    上訴プロセス中の医師とのコミュニケーション

    あなたとあなたの医者と保険会社との間のコミュニケーションの安定した流れは、あなたの上訴を獲得 医師は十分にあなたの保険会社に詳細な医療情報を報告するために彼らの日々の医療行為であまりにも忙しいことができます。 私たちはあなたの状態についてあなたの医者と最も効果的に通信し、何も取り残されたり見落とされていないように、あなたの医者と保険会社との間の情報の流れを容易にする方法を教えている理由です。

    証拠を収集し、控訴を書く

    長期障害請求拒否の控訴を提出する際には、できるだけ客観的な医学的証拠で控訴を強化することが不可欠です。 私たちは、任意およびすべての文書を収集し、次のようなあなたの魅力でそれを提出してください:

    • 検査結果
    • 医療記録
    • 治療中の医師からの報告
    • 専門家の意見
    • あなた、あなたの家族、友人、または同僚からの証人の声明

    徹底的に証拠を集erisaの控訴では、行政上の控訴段階は、請求者が実質的な証拠を記録に提出しなければならない最後の機会であるためです。 私たちの控訴を提示する際には、この証拠を使用して、お客様が障害者のポリシーの定義をどのように満たしているかを説明します。

    Chisholm Chisholm&Kilpatrickに電話してください

    あなたの長期的な障害の主張の拒否を訴える支援が必要な場合は、私たちのオフィスが助けることができるかもしれません。 自由な相談のための私達に今日連絡して下さい:401-331-6300。

    1. http://www.aldf.com/lyme-disease/
    2. https://www.cdc.gov/lyme/stats/humancases.html
    3. https://www.cdc.gov/lyme/stats/index.html
    4. https://www.bayarealyme.org/about-lyme/what-causes-lyme-disease
    5. https://www.mayoclinic.org/diseases-conditions/lyme-disease/symptoms-causes/syc-20374651
    6. https://www.cdc.gov/lyme/signs_symptoms/index.html
    7. https://www.webmd.com/brain/understanding-bells-palsy-basics
    8. http://www.childrenslymenetwork.org/children-lyme/lyme-disease-diagnosis/
    9. https://www.cdc.gov/lyme/diagnosistesting/labtest/twostep/eia/index.html
    10. https://www.cdc.gov/lyme/diagnosistesting/labtest/twostep/westernblot/index.html
    11. https://www.cdc.gov/lyme/treatment/index.html
    12. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27115378
    13. https://www.webmd.com/arthritis/chronic-lyme-disease-complications
    14. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3548099/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。