中世のパン

X

プライバシー&クッキー

このサイトはクッキーを使用しています。 継続することにより、あなたはそれらの使用に同意します。 Cookieの制御方法など、詳細についてはこちらをご覧ください。

広告

peasants_breaking_bread

数ヶ月前、私は農民の食べ物についての記事でパンに触れましたが、それは本当にそれ自身の投稿に値するものです。

パンは皆に食べられたが、全てのパンが同じではなかった。 異なる作物は、国のさまざまな部分に適しており、小麦はどこでも栽培することができませんでした。 他の穀物作物はライ麦、オート麦、大麦であった。

小麦は良い土でしか栽培できなかったので、通常は白パンを食べたのは荘園の領主だけだった。 マスリンは、ほとんどの人が食べたパンでした。 それは小麦とライ麦の粉を混ぜて作られました。 ライ麦は、より暗いパンを作るために単独で使用されました。 イギリスの寒く湿った北と西では、オート麦と大麦がパンを作るために使用されました。

主の白パンはパンデメインと呼ばれていた。 これは、細かく粉砕し、ふるいにかけた小麦粉から作られました。 Wastelは別の白パンでした。 それが作られた小麦は、パンデメインのために使用されるほど細かくふるいにかけられていませんでした。 最後のタイプの白パンはコケットでした。

私たちが茶色のパンを移動するにつれて、成分はますます魅力的になりません。 チートは、ふすまが取り除かれた全粒小麦から作られました。 これはまだ裕福な人のためのパンでした。 トゥールテは殻と小麦粉から作られ、おそらくトレンチャーに使われていた。 マズリンは次の学年だった。 馬のパンは手元の穀物から作られ、通常はエンドウ豆と豆が含まれていました。 その名前が示すように、それは馬のために意図されていましたが、他に何も利用できなければ食べることができました。 ふすまパンは主にふすまで作られていました。

トレンチャーは、プレートとして使用された古いパンのスライスでした。 パンはこの目的のために水平にスライスされました。 彼らはボウルから食べる必要のない肉のようなものに最も有用でした。 食事の後、トレンチャーは貧しい人々に与えられました。

パンを作ることは、一般の人々にとって安価なビジネスではありませんでした。 穀物は栽培または購入する必要がありました。 いくつかの農民は穀物で労働のために支払われ、いくつかは自分自身を成長させ、いくつかはそれを買わなければならなかった。 収穫または購入すると、穀物は籾殻から分離され、粉砕されなければならなかった。 これは通常、いくつかの支出を伴いました。 農奴は穀物を主の工場に持って行かなければならず、そうでなければ罰金を科された。 いくつかは密かに手のquernsを使用しようとしましたが、これらは遅く、非効率的でした。 一般的には、穀物を粉屋に持って行き、それを粉砕するために彼に支払う方が良いでした。

一度粉砕すれば、小麦粉を生地にすることができます。 酵母と生地のための液体は、通常、ビールから来ました。 これは、家の中で醸造されたビールのバッチから、または隣人のバッチからのものです。

生地を焼くには、通常、別の取引が必要でした。 いくつかの家はオーブンを所有しており、その使用のために充電したり、彼らが作ったパンを隣人に販売したりした世帯主はほとんどいませんでした。 いくつかの場所では共同オーブンがあるかもしれませんが、それを使用することもお金が手を変えることを意味しました。 オーブンのない人のためのリスクの高いオプションは、火の残り火でパンを焼くことでした。 パンは、それが燃えていないことを確認するためにオンにしなければなりませんでした。 パンを見て、それを回すことは男性のための仕事だったようです。 パン屋があった町に住んでいた場合は、パンを作ることをまったく気にしないかもしれませんが、単に行ってパンを買うかもしれません。 パンの価格は法律によって固定されていた。

パンのオーブンは大きく、多くの熱を放出したので、ほとんどの人は持っていませんでした。 マナーハウスでは、オーブンは通常、家を燃やす危険性を減らすために別の建物にあります。 オーブンの中に火が建てられました。 オーブンが十分に熱かったときに木は掻き集められ、オーブンの床は熱を失わないで可能と同様、きれいになった。 これは、燃えている木を引き出すよりもはるかに多くを行うためにオーブンに十分に近づくことは困難であったので、容易ではありませんでした。

パンをオーブンの中に入れて、長い柄のパドルを使って焼く。 パンが焼かれた表面は火が取り除かれた後に完全に掃除することができなかったので、パンの底は通常黒色であった。 これは荘園の領主に訴えていなかったので、パンの底は世帯のより低いメンバーによって食べられるように切り取られ、主は上部の地殻を食べたので、その表現の最終的な使用は高い社会的地位のものを指すために使用された。

貧しい人々のために、穀物はパンではなくポタージュで使用される可能性が高かった。 Pottageは作るために大いにより安く、より少ない穀物を使用した。 パンは、誰かが一日中畑にいて、食べるために何かを取る必要がある場合に便利でした。

この投稿は、クレア-スコットによって作成されたパン探偵レイ-ワイの漫画のふざけた態度に触発されました。 彼はパンで作られた探偵だのようにそれはパン探偵です。 おかげで、”上部地殻”の起源に私の注意を引くために、英国からのノートから、エレン*ホーリーによるものでもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。