古いコック

Laetitia Cornuによって-Text:Marie Josèphe Moncorgé。 翻訳者:Jean-Marc Bulit

芳香のハーブ、緑のハーブ、薬草

人口の大多数は中世にスパイス(多分コショウを除く)へのアクセスを持っていなかったので、主婦は庭の成長に関係しなければならなかった、それらすべてのporriesとキャベツとレンズ豆のスープを味付けする。

マジョラムの小さくて繊細な葉、サザンウッドの羽ばたきと強力な芳香の葉、またはrueの歯状と胡椒の葉、
Oldcook:芳香のハーブ、緑のハーブ、薬草-rue中世に使用された芳香のハーブは、何よりも辛味が特徴であり、実際にはキャベツの鍋をうまく味付けするために必要であった。

アロマハーブ当然のことながら、レシピは基本的にパセリについてです。 肉の皿に軽い手でパセリの葉のタッチを振りかけることについてはあまりありません,パセリのスープを調理についてよりOldcook:芳香のハーブ,緑のハーブ,薬草-パセリ
卵とストックを追加しました,パセリや他のハーブとpuréesについて,そして緑のオムレツやarboulastesについて(herbolaceパイ).

庭園は、引き抜かれることなく切り取られるべきハーブでいっぱいでした。 したがって、セロリのいくつかの品種、好ましくは多年生、収集または栽培された。 アピウムまたは野生のセロリとロベージは、庭の中でギザギザの塊に彼らの大きな葉を成長させました。 葉のしわは、豊かで強力な香りを出すでしょう。

Oldcook:芳香のハーブ、緑のハーブ、薬効があるハーブ-southernwood火薬の焼跡のための治療の特性のために知られていたSouthernwoodは羽の葉が付いている小さい低木です。 プラテリアヌスはまた、ラベンダーの綿についても書いた。 墓地で主に見られるこの茂みの香りはとても暴力的で、どのように食べることができるのか疑問に思うことができます。

タンジーは、特に注意を払わずに、毎年何度も何度も自発的に成長する背の高い植物の一つです。 手でこすったとき、ギザギザの葉は、平らでもしなびていても、この特に活発で不快な臭いを放ちます。 Tansiesはvermifugeの薬として独特な使用に限られている前に、中世に、fritterで混合されてしかし食べられた。

驚くべきことに、中世の料理のハーブは地中海の海岸から来たものはほとんどありませんが、今日では有名な混合ハーブ-ド-プロヴァンスが使用される マジョラムとオレガノが実際に栽培されていた場合、まれな花ができるように、野生のタイムは決して使用されませんでした。 Savoryは媚薬の評判のために幾分珍重されたが、霜に抵抗力があるhyssopは、直立した青いscapesと、救うことを意味するラテン語の名前salviaによって転送されたsageは、その範囲のスパイスのお気に入りであった。

緑のハーブ
しかし、香りは控えめな庭の植物に見られる唯一の利点ではありませんでした。 農民の主食は不均衡で、ビタミンやタンパク質が欠けていることが知られていました。 これらの欠陥は、緑のハーブと彼らが提供したビタミンによって部分的に補償されました。 このように、オキサリスは、春の初めに、穀物の供給が低い、あるいは寒い季節によって台無しにされた農家のための年の最も難しい時期です。 天気が穏やかになるとすぐに成長し始めたこれらの初期の緑は、ニラ、キャベツ、乾燥ソラマメが冬を通して食べられていたので、新鮮さとビタミンCをもたらし、単調な食事を幸運に補完しました。

子羊のレタスのサラダ、コーンサラダとも呼ばれ、冬の終わりに作られました。: イラクサイラクサとオラシュは、自由でおいしいポリーで鍋を満たし、必要であれば、人々はasplenium scolopendrium種のシダ、若い野生のアスパラガスの芽や肉屋のほうき、様々な種類の(水や土地)クレス、キンポウゲ、さらにはbouchibarbe、不足のための食べ物であり、空の胃のために危険である。 毎日のパンに加えて、緑のハーブは、健康的なビタミンや繊維をもたらすので、消化に有用であろう。 しかし、一人で食べて、彼らは食べ物なしで行くよりも確実に不幸な人を殺すだろうそれらの不足の下痢を引き起こす可能性があります。

薬草
食べ物から医学へ、中世の医師によって容易に取られ、かろうじて一歩離れているので、病気に直面して無力であり、それを撃退する手段はあ また、4つの要素のアリストテレス理論は、人々とエリートの両方の心の中で普及していた、それによると、体に入るものは、したがって、健康に、ユーモアのバラン 医療は、まず第一に、食事の変化でした。 ほとんどのハーブ植物(sage,herbesmédicaments:sageは万能薬であり、すべての病気を治癒することができると考えられています)は、消費者の動機が食事であるか健康管理であ 医療処方はしばしば特別な食事のように見え、野菜園の同じ植物がポーションに見られました。

各植物の美徳は、専用の辞書を書いた学者によってよく知られていました。 Plateariusは、キャベツのように一般的なものや、珍しいエキゾチックなものなど、420種類の植物を彼の簡単な薬の本に描いています。

最後に、良いハーブ植物の他のすべての美徳について話すのは便利でしょう。 彼らは癒し、彼らの唯一の誇示と快適さ、それは(天の力が鳥で表現されているのと同じように)地球の力を表現しています。 同盟国と危険の両方、食べ物や花束の負担、彼らは家庭菜園、主婦のプライベートドメインに関連するすべてのものと同じように、女性の世界です。 彼らは、この意味で、中世文明のより隠された部分を、acinosの香りのように軽く表現しますが、誰がそれを止めるのかと同じように魅力的です。

Text:Marie Josèphe Moncorgé. 翻訳者:ジャン=マルク-ブリット

Initiation à la cuisine médiévale-ページのトップへ-

Les Bonnes Herbes du Moyenâge

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。