“民泊”宿泊法が施行されるが、複雑なプロセスが不動産所有者を妨害する

日本では”民泊”と呼ばれる有料の私有住宅での短期滞在を規制する新しい法律が15日に施行されたが、民泊運営者になるという複雑なプロセスのため、旅行者の宿泊施設として利用できる財産の所有者は行動に入るのが遅かった。

旅館-ホテル法に基づき、未使用のアパートや住宅を旅行者などの短期賃借人に無断で賃貸することが禁止された不動産所有者は、民泊運営のための書類を県庁に提出することにより、スペースを賃貸することができるようになりました。

しかし、新法に基づく民泊としての登録手続きが煩雑であったため、8月時点では全国に存在すると考えられていた民泊60,000件のうち2,707件についてのみ登録手続きが完了していた。

新しい民泊法の目的は、違法な民泊事業を排除し、インバウンド訪問者のための宿泊施設を増やすことですが、民間の民泊事業者は足を引きずっています。 一方、宿泊事業の将来性を見据えた多数の企業が民泊アリーナに参入しています。

“ちょうど三日前、私の民泊事業を運営するために必要な登録番号のサインを受け取った”と、埼玉県鴻巣市で個人宿泊事業”ひだまりの家”を立ち上げた58歳の岡野浩一は語った。 “私はすでに私の宿泊施設に滞在する香港からの観光客のための予約を予約していたので、幸いにも15日の私のビジネス開始日に間に合うようにサイン”

岡野さんは、県と地元の消防署の両方が、民泊事業者が事業を立ち上げるのを助ける方法に慣れていないように見えたと述べました。 岡野が3月に埼玉県庁を訪れた際、新民泊法に基づく宿舎設置の届出を受理し始めた際、県庁の職員は質問に対する答えがなく、中央政府に尋ねなければならないと語った。 地元の消防署に質問をしたとき、彼が得た応答は、”それは年度の終わりであり、私たちは忙しいです。”彼らは、彼らが彼のニーズに傾向があるより多くの時間を持っているだろうとき、彼は月下旬または月上旬まで待つことを尋ねました。

岡野は民泊のために住んでいる敷地内のゲストハウスを使用することになるため、消防署の指示に従って非常灯と煙探知機を備えたゲストハウスを装備した。 新民泊法による煙探知機の需要が高まったためか、煙探知機の注文はバックアップされ、岡野は新法が施行される直前までサインを受けなかった。

岡野によると、消防署の指示で設置した設備は約300,000円から400,000円の費用がかかっていたという。 また、外国人の場合、民泊事業者は、ゲストのパスポートのコピーを取り、ゲストの数とゲストの滞在日数を二ヶ月ごとに自治体に報告することが義務付けられている。

“民泊運営者であることはお金がかかり、面倒な手続きを経る必要がある”と岡野は語った。 “だからこそ、民泊事業者になりたいという人たちが、それを進める前に、それがどのようなものであるかを見て待っているのかもしれません。”

民泊オペレーターになって滞在する際に必要な手間は、民泊通知の率が低い唯一の理由ではありません。 新法では、近隣への配慮から、年間180日で民泊を借りることができる日数を上限としているが、騒音やゴミをめぐる紛争を防ぐために、全国48の自治体が民泊を運営できる地域と借りることができる日数をさらに制限する条例を可決している。

例えば、京都市では、原則として年間一人の民泊を借りることができる日数を60日に制限しており、所有者が不在の民泊で発生する問題を防ぐため、民泊の管理者は、賃貸時には常に10分以内でなければならないという追加ルールがある。

“新しい法律では、さまざまな立場からの懸念に対処するためにさまざまな規制を取り入れることを避けることができなかったので、従うのは簡単な法律ではありません”と、民泊を取り巻く問題に精通している石原洋平弁護士は述べている。 “しかし、我々はルールの新しいセットが確立されているという事実を歓迎する必要があり、必要であれば、我々は改訂を行うことができます。”

民泊事業者になる可能性のある個人は、新法の下で民泊事業届出を大量に提出していないが、多くの企業が参入し、さまざまなサービスを提供している。 これらの企業は、一般的にホテルの安価な代替品である民泊の可能性を見て、将来的に拡大しています。

スウェーデン出身の28歳のエンジニアで、京都市内を観光していたMorten Amberg氏は、旅行者にとっては、新しい民泊法の導入により、宿泊施設の選択肢が増えたことは良いニュースだったと述べた。 彼自身は、宿泊仲介サービス大手のAirbnbを利用してコンドミニアムを予約していたが、ユーザーが場所、価格などの基準に基づいて宿泊施設を選択できる米国の会社のウェブサイトの使いやすさに満足していたようだ。

最近、Airbnb Inc. 新民泊法の施行に先立ってウェブサイトを通じて行われていた不正民泊の予約のキャンセルのスルーと大量の混乱を作成しました。 Airbnbの共同設立者であるネイサン・ブレチャルチク氏は、東京での記者会見で、法律専門家によるセミナーを開催するなど、民泊登録を通じて私有財産の所有者を支援すると述べ、民泊を合法的に促進する意向を表明した。

Airbnbは、全日空を含む36社の日本企業と手を結んでいます。:ANA専用サイトでAirbnbを利用すると、Airbnbの宿泊費に応じてANAマイレージポイントを獲得することができます。 株式会社ファミリーマート また、Airbnbと提携し、Airbnbのゲストは15日から特定のファミリーマートのコンビニエンスストアで宿泊先の鍵を拾うことができるようになった。

これまで短期民泊の提供事業に参加していなかった企業が飛躍している。 電子商取引大手楽天株式会社 (株)ライフルコーポレーション 不動産情報のオンラインプロバイダーであるHomeAway Inc.は、現在HomeAway Inc.と協力している新会社を設立しました。 Airbnbのように、これは、米国の主要なです 古民家を宿泊施設として賃貸するための仲介サービス、日本古民家協会。

古都京都に本社を置く下着メーカーのワコールも民泊事業に参入している。 京都風の町家をはじめとする古民家を改装し、宿泊施設として利用しています。 それはまた、使用されていない家を借り、それらを改装し、短期滞在のためにそれらを借ります。 民泊は伝統的な日本の家に限定されません; 使用されていないコンドミニアムや建物は改装され、賃貸されており、未使用物件の問題に対処する新しい方法として注目されています。

インフォコム-リサーチによると、2016年の民泊関連取引に関わる金額は6783億円となった。 同研究所は、2020年代初頭には約1兆3100億円に倍増すると予測している。 インフォコムの代表は、”オープンだからといって部屋を共有することを選択する共有文化が日本に根付いており、賃借人がそのようなスペースを借りることに不安がない場合、この種の取り決めはビジネスとして成長するだろう”と述べた。

新民泊法が15日に施行されるまで、民泊事業者は、原則として、金銭のために宿泊を許可する場合には、旅館-ホテル法に基づく許可を得る必要があった。 民泊の許可を得るためにクリアしなければならなかった条件は、住宅地で賃貸しないことや火災予防のための設備を設置することなど、厳しいものであった。 そのため、多くの民泊は違法に運営されていた。

民泊は、国家戦略特区として認められている市町村で許可されていたが、滞在期間が最低二泊に設定されるなどの制限があった。

新民泊法では、民泊物件の所有者を住宅宿泊事業者、ウェブサイトなどで民泊物件を紹介する者を住宅宿泊仲介者として分類しており、住宅宿泊事業者が賃貸されている宿泊施設の近くに住んでいない場合、または所有者が不在の場合は、住宅宿泊管理者を指定しなければならない。

(東京ビジネスニュース部川口雅弘、京都局貝手祐介、大阪ビジネスニュース部岡夏樹による日本語オリジナル)

  • フォントサイズ
    • S
    • M
    • L
  • 印刷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。