EAP、ECI、EWA、およびSCE:microsoftボリュームライセンスの進化する風景

Microsoftソフトウェアをライセンスするための二つのボリュームライセンスプログラムの間の簡単な選択があったかもしれない古き良き時代を覚えておいてください:契約またはエンタープライズアグリーメントを選択しますか? この3年間で、Microsoftは新しいボリュームライセンスプログラムオプションを導入し、組織に柔軟性を提供しましたが、意思決定プロセスに複雑さの別の層を追加しました。 最近、マイクロソフトは、2013年第四四半期に可用性を予定しているServer and Cloud Enrollment(SCE)と呼ばれる新しいプログラムを発表し、ボリュームライセンスプールにさらに多くの選択肢を追加しました。

SCEは、この登録の下で提供される製品および技術へのコミットに関心のある組織のためのプログラム条件、価格、要件、および決定ポイントを簡素化 重要な変更と同様に、組織が現在どのようにライセンスを調達しているのか、そしてそのプロセスが将来どのように変化するのかを理解することが

今日、マイクロソフトは組織に、以下を含むさまざまな要因に応じて、単一または複数の登録の下でライセンスを調達する機能を提供しています:

  • ライセンス、ライセンス、ソフトウェアアシュアランス、サブスクリプション
  • コミットメント条件(エンタープライズワイド対buy as you goなど)
  • 価格割引
  • バンドル対単一Sku(Core Infrastructure Suite対Windows Serverなど)
  • プログラム特典(ソフトウェアアシュアランス特典など)
  • トゥルーアップ条件(例えば、一年対 三年)

マイクロソフトが提供するさまざまなボリュームライセンス車両を考慮すると、ITマネージャーと調達マネージャーは、意思決定プロセス中に複雑なオプ 現在、250を超えるデスクトップを持つ組織では、Microsoftライセンスとサービスを調達するために、次の登録タイプを使用できます:

  • Select Plus Agreement
  • Enterprise Desktopの登録–Enterprise Agreement(EA)
  • Office365の登録(O365のみEA)
  • Application Platform(EAP)の登録
  • Core Infrastructure(ECI)の登録
  • Windows Azureの登録(O365のみEA)
  • Windows Azureの登録(O365のみEA)
  • Windows Azureの登録(O365のみEA)
  • Windows Azureの登録(O365のみEA)
  • Windows Azureの登録(O365のみEA)
  • EWA)

現在、多くの組織がこれらの登録オプションのうちの1つ以上を利用しており、一部の組織は5つ以下です。 各登録タイプにさまざまな要因を組み込むと、Microsoftライセンスとサービスを調達および管理するための複雑なアプローチが可能になります。 より肯定的なノートでは、選択は顧客が各調達の選択のための賛否両論および、当然、免許証およびサービス費用の重量を量ることを仮定する柔軟性を提

EAP、ECI、およびEWAの登録は、2013年11月以前にこれらのプログラムに登録した組織ではそのまま残ります。 したがって、新しいSCE登録と比較して、これらの現在のオファリングの特性を理解することは、全体的な長期的な戦略の一環として重要です。

組織がこの複雑なボリュームライセンスのランドスケープをナビゲートできるように、SHIは、各登録タイプの主な機能のサイドバイサイドビューを提供するSCE登録比較表を作成しました。 SCEプログラムの特定の機能はまだ定義されていませんが、この比較表は、組織が長期的にソフトウェアとサービスをどのように調達できるかを追加的に分析するための基盤を提供しています。

MicrosoftからのSCEライセンス

MICROSOFT LICENSING101:SHIのSCE登録比較表

を使用して、組織に最適なライセンスプログラムを迅速に決定する最終的には、組織に適したボリュームライセンスプログラムを決定するには、会社のテクノロジー戦略とイニシアチブ、既存および将来のライセンス要件、製品および展開コスト、IT資産管理慣行を徹底的に分析する必要があります。 単一のプログラム提供は、ライセンスやサービスを調達するための最も費用対効果の高いまたは効率的な手段ではないかもしれません。 代わりに、特定の技術や組織の要件に基づいて柔軟性と選択肢を提供するプログラムの組み合わせが、行く方法かもしれません。

Microsoft SCEが組織のライセンス環境にどのように影響するかについての詳細をお探しの場合は、2013年秋のウェビナーシリーズをご覧ください。 11月には、SCEの影響を受けるサーバーとクラウド技術の変更と、注意する必要があるライセンス変更について説明します。

関連する投稿:あなたも興味があるかもしれません。..

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。